感謝の気持ちで、「寒北斗30VISION」始動。

平成27(2015)年、「寒北斗」は生誕30周年を迎えました。
いつもご愛飲してくださる皆様をはじめ、福岡の銘酒をつくってほしいとご相談くださった酒販店の方々、酒米の生産者の方々、「寒北斗」を世に広めてくださった酒販店やメディアの方々・・・「寒北斗」とご縁を結んでくださったすべての皆様のおかげです。たくさんの愛情に支えられ、育てられた30年でした。

そして、大切な節目を迎えることができたからこそ、私たちは改めて考えます。
創業当時の志を、ずっと継承していくことができるのか。
酒造りへの想いを、皆様にきちんとお伝えできているのか。
これからの30年も、
地元・福岡で愛される「福岡の銘酒」であり続けられるのか。

今ふたたび、“次の30年”をつくるとき。
寒北斗酒造は、30年後の未来を紡ぎだす
プロジェクト「寒北斗30VISION」を始めます。

合言葉は「30年後の還暦にも、福岡で一番美味い酒。」
まだ見ぬ美酒を追い求め、感謝の気持ちを胸に、新しい未来へと。
世界に誇れる「福岡の銘酒」を
たくさんの方々に楽しんでいただけるように前進していきますので、
これからもよろしくお願いいたします。

寒北斗30年の歩み

代表取締役 杉田 祐二

玉の井酒造の頃から杜氏として活躍し、常務を経て、2015年10月に代表取締役社長に就任。名実ともに寒北斗を牽引する存在となった。一見強面に見えるが、実は人当たりが良く、世話好き。そして誰よりも寒北斗を愛している。伝統を継承し守り続けていくことは使命だと考えているが、攻めの姿勢も決して忘れない。若手の蔵人たちとも積極的に意見交換をし、これからの時代に求められる地酒を追求し続けている。

杜氏 大坪 賢一

寒北斗酒造の現在の杜氏。“言葉数は決して多くないが、大切なことはいつも背中で語ってくれる”という根っからの職人タイプ。頭の中は、おそらく9割以上がお酒のことで占められている。最高の美味しさを醸すための研究に余念がない。JR九州クルーズトレインでの取り扱いや酒類鑑評会での受賞等、近年ますます評価を受けて嬉しい反面、寒北斗ブランドを守り続けることへの重圧も大きい。しかしその重圧さえも、美味しい酒造りの糧へと変えていくのである。

調合主任 田村 正和

実は代表の杉田よりも長く在籍している、一番の古株。実家が酒屋を営んでいたことから、自然と酒造りの世界へ足を踏み入れた。父親はなんと30年前にお酒造りを依頼してきたメンバーの一人で、寒北斗の生みの親ともいえる存在。そのDNAを受け継ぎながら、市場に求められる日本酒の調合に汗を流している。物腰柔らかく、いつも落ち着いて冷静だが、お酒のこととなると、ついつい話が止まらない。若手蔵人たちのお兄さん的存在で、寒北斗酒造のアイデアマンでもあるため、今後のキーパーソンとなることは間違いない。

製造部 山本 寛己

父親が寒北斗の酒米を育てる生産者ということもあり、いつのまにか自然と寒北斗を好きになっていた。働きはじめてからは、親子で寒北斗を飲む時間が、さらに格別な時間となっている。いつも穏やかな癒し系だが、“スパークリング清酒をつくりたい”“自分の料理で寒北斗のお酒が楽しめるお店を酒蔵に開きたい”など、ひそかな野望もある。場の空気を一瞬で和ませる優しい雰囲気と、内から溢れ出る凄まじい情熱。そのギャップに目が離せない。

製造部 竹村 元樹

若手蔵人のムードメーカー。音楽やファッションとの斬新なコラボレーションを実現させることで、若い世代に寒北斗の魅力を発信していきたいと意気込んでいる。プライベートでは冗談を言うことも多いが、酒造りで描く夢は本気。醸造大国のフランスで話題になるほどの新酒を造る、という壮大な夢も本気で掲げ、コツコツと努力を重ねている。大坪杜氏のもとで酒づくりの基礎を学びながら、寒北斗品質を身に染みこませる日々。遠かった夢が、しだいに鮮明になっていく。

製造部 松岡 卓司

実家が魚屋で、父親は大の寒北斗ファン。魚と日本酒の組み合わせをはじめ、日本ならではの食文化をもっと広めていきたいと燃える情熱家。杜氏のもとで修行を重ねながら、これからの30年をしっかりと見据えている。“美味しい日本酒を造り続けることが、地域を盛り上げ、支えることにつながる。たくさんの人々が訪れる酒蔵にしていきたい”しっかりとした口調で語る彼の大きな声は、きっと未来まで届く。

製品部 下垣内 賢

寒北斗を調合し、寒北斗品質をしっかりと見極める製品部に在籍。日本酒をたくさんの人たちに飲んでもらい好きになってもらうためには、蔵元自らが積極的に魅力を発信していくことが大切だと感じている。男気溢れる見た目とは裏腹に、調合は繊細で綿密。若手蔵人たちとの語らいでは、“美味しいね〜と言ってもらえたとき、あ〜よかった〜と心底思う”と満面の笑みを浮かべる。寒北斗を愛し、時代に合った酒造りを追求するその姿勢が、30年後も変わらず愛される寒北斗へとつながっている。